みんなの前で結婚を誓うということが思っていた以上に重たいとい

みんなの前で結婚を誓うということが思っていた以上に重たいというか重要な事です。ちょっとやそっとじゃ別れられないぞ!という覚悟ができます。結婚後何かもめ事があってもこの結婚を継続することを考えながら行動します。

式場提携の衣装店に気に入ったウェディングドレスがなければ、持ち込み料を払えば(高いところだと1着5万円もとられる場合もありますが)、他の衣装店のドレスも持ち込みできる場合がほとんどです。

レストランといっても気軽なレストランから高級レストランまで様々ありますが、たとえ格式あるレストランであってもカジュアルな結婚式だと思われがちで、そのせいでご祝儀が少なくなったり、服装がゆるかったりすることもあります。

披露宴とはゲストの方々をお招きして結婚の報告をし、おもてなしをする場です。それを黒字にしようとしたり、±0にしようとする披露宴はゲストの方々に失礼です。

結婚式の二次会は、新郎新婦と話せる時間があるのが一番ですから、新郎新婦が席を回って話しをしに来てくれるのが、どんな余興より良いですね。

ウェディングプランナーが直感で「何か違う!?」と思ったら、変更するのは悪いことではないですよ。噛み合わない方と打ち合わせをしても、うまくいかないし、せっかくの結婚式ですから、遠慮することはありません。

会社の周年披露や感謝祭などでは御招待したゲストからお金を貰うことはありえません。結婚式だけです。そのゲストの皆さんの気持ちに答えるのがおもてなしではないでしょうか?”安い”だけで成り立っている商品は何かが欠落してるんですよね・・

結婚式場に見学行く前にだいたいの招待人数は見積もっといたほうがいいです。それによって見る披露宴会場も変わってきますし、見積もりも違います。

一軒家を貸切る贅沢ウエディング
http://www.relie-wedding.com/hall_search/44/pickup

きまぐれに更新中!